30代からミニマルライフを始める理由

はじめまして。
ブログ管理人のyumiです。

現在、わたしは40代という年齢を歩んでいます。
「40代なのに30代向けのサイトを運営しているの?」と不思議に思われたかもしれません。

その理由はとてもシンプルで30代を終えた今だからこそ分かったことがあるからです。

その「分かったこと」というのは、「30代こそ”自分の好きなもの・こと”を見つけることが重要だ」ということです。

なんだ、好きなことで生きていく系か……と思われたかもしれませんが、それとは大きく異なります。
少し、お話に付き合っていただければ幸いです。

30代という決断

現代の30代のライフスタイルや生き方はとても様々で、それこそ個人で大きく違うと感じています。
よく言えば「自由」、だけどついてくるのは「どれを選択しても自己責任」ということ。

だから、30代ってめちゃくちゃ悩むんです。
いろんなことを。

このままでいいのかなぁとか。
もっと何かできるんじゃないかとか。
他にしたほうが良いことがあるんじゃないかとか。

昔と比べると個人の生き方が尊重される時代と言ってもいいかもしれません。

ただ、だからこそ、大きく迷ってしまうのも30代ならではだと思うのです。
まだ若い! いや、もしかしてもう若くない? そんなことも考え始めます。

40代のわたしから見れば、30代はまだまだ若い!
だけど、40代になった今わかることは、「だけど、それほど長く悩んでいる時間はない。」ということです。

20代、とくに前半の頃はキラキラした未来が広がっている感覚を持っていて、将来のこともまだ漠然としていて、老後なんてまだまだ先で、何に対してもなんとなく「無敵」に近い感覚を持っていたかもしれません。

だけど、ちょっとそこから一歩引いて見られるようになるのが、いわゆる「アラサー」という年代ではないかと思います。
社会に対しても、人生に対しても、そして自身の現状に対しても全体を見渡せるようになるのがアラサーです。

20代後半と30代前半ではまた少し考え方も変わって、人生への向き合い方も変化してきます。

女性であれば結婚・出産を強く意識するのもこのアラサー世代ではないでしょうか。

結婚はしたけど子どもはどうする? 産む? 産まない? 産むとしたら何人産む?
今後のキャリアはどうしよう? 時短勤務は? 育休は? このまま仕事していていいのかな?
ーーなどなど結婚してからも悩みは尽きません。

令和の時代では、男性も家庭と仕事の両立で悩む方もいるかもしれませんね。

わたしの夫も30代半ばで働き方を変えました。
具体的には、転職をして残業がない会社に変わり、長く働ける職種に変わりました。
残業が多いままの会社だと、家庭との両立ができないと思ったからだそう。

40歳近くになってくると、就職先がなかなか見つからないことも増えてきます。

わたし自身、30代後半頃、子育てをしながら仕事をしようとパートの面接したことがありますが、残念ながら全て落ちてしまいました。

落ちた理由はわかりません。不採用の連絡すらなかった会社もあります。
子どもがいても働けるようにと、在宅かつ経験のある業種を選んだけれど落ちたこともあります。
夫の転勤や自身の出産でキャリアが途絶えていたからかもしれません。

不採用が続いて落ち込んだりもしました。
パートですらなかなか決まらないーーそれが30代後半での身近な現実でした。

と、こうして「できなかったこと」ばかり並べてしまうと不安になりますよね。
決して不安を煽りたいわけではありません。

30代は、壁にぶち当たることが多い世代です。

だからこそ、好きなことで生きていくというふわふわしたものではなく、自分自身の”好きなこと”をはっきりさせて、30代から始まる大人の人生をよりよく生きるための土台を作り込んでいこう! ということをお伝えしたかったのです。

好きなことを見つける方法

好きなことを仕事に、だとか、好きなことで生きていく、とか。
冒頭でもお伝えしましたが、そういうものとは違います。

わたしが伝えたいのは、以下のようなこと。

自分自身の”好き”がはっきりしていると、そのこと自体が人生を歩むための力強い味方になるーーということです。

30代は転機もあります。
大きな決断をすることも増えてくるでしょう。
誰かの人生を背負う覚悟も必要だったりするかもしれません。
もしかすると、自分の時間を犠牲にすることだってあるかもしれませんね。

そんな「大きな決断をする自分」を支えてくれるものが「好きなこと」なのです。

やりたくないことを知る

とはいえ、実際に好きなことは何? と聞かれても、意外とピンとこないこともあります。
その場合は、「やりたくないことをはっきりさせる」という方法でも良いと思います。

むしろ、「やりたくない」側からのアプローチのほうが、自分の気持ちと向き合いやすいかもしれませんね。

たとえば、以下のようなことはどうでしょうか?

会社の飲み会、転職、家族(おもに親)との関係、ご近所付き合い、友達付き合い、満員電車、通勤、サービス残業、子育て、介護、結婚、病気、合わない上司・部下、節約、貯金、片付け、料理、掃除、洗濯物をたたむ、夜勤、三交代勤務、弁当を作る、同窓会、人の顔色を伺う、人の気持ちを考えすぎる、浪費、ゲーム、スマホ、運転、勉強、単調な仕事、朝早い仕事…………。

などなど、小さなものも含めるとたくさん出てくるんじゃないかと思います。

どんな些細なことでも良いですし、こんなことやりたくないなんて言ったらダメだろうな、なんて考えずに、思うがままに書き出してみることをおすすめします。

こうして出したやりたくないことを、次のような形で掘り下げていきます。

たとえば、「通勤」という場合、「もし、通勤が必要なくなったら何がしたい?」というところまで考えてみてください。

そうして浮かんだことが、案外好きなことだったりします。
映画を見たいとか、ジムに通いたいとか、空いた時間で副業をしたいとか。

こうして「やりたくないこと」を把握することで、「やりたいこと」や「好きなこと」が見つかることもあります。

そして見つかった「やりたいこと」に集中していくこと。
自分にとって「やりたくない」を極力排除して生きていくーーこの生き方を身につけておくと、30代以降の人生がより良いものに変化していきます。

やりたくないことを避けていいんだろうか?
苦労してこそ身に付くものもあるのでは?と思われたかもしれません。

だけど、30代からはその苦労も、どんな苦労なら頑張れるのか、選び取る作業も必要だなと感じています。

わたしの「やりたいこと」

先ほどのわたしのパートの話に戻りますが、わたしは「本当にどこかに雇用されて働きたいのか?」と、不採用の告知をきっかけにあらためて考えてみたんです。

なんとなく、「これ以上年をとるとどこにも採用されないんじゃないか。今のうちにパートでもなんでも職に就いて、会社員への足がかりにしたほうがいいんじゃないか。」と思っていたから、パートに応募していたんですよね。

でも、それって本当にやりたいことなのかな? と。

子どもの頃から、自由に働きたいという気持ちを持っていました。
だから、学校を卒業後、仕事をいくつも掛け持ちして、自由気ままに働いていました。

パソコンのオペレーター、サービス業の店員、専門学校の講師、印刷会社の外注、個人でチラシ作りなどなど、いろんな仕事をしていたんです。

当時はそんな働き方をしている人たちのことを「フリーター」と呼び、ふらふらと生きていると大人は揶揄していましたが、時代が変われば見方も変わります。

いまは副業もOKの時代で、「複業」なんて言葉も出てきたほど。
転職も「普通」と言えるくらいになりました。
ひとつの仕事に縛られることなく、得意なことを生かしてお金を稼ぐ、あるいは職業を変えることが特別なことではなくなっています。

わたし、若い頃からそういう働き方をしてきたなぁ。
だったら、今になってパートにこだわることもない。
わたしは仕事が好きだけど、会社に勤務する形じゃない仕事を続けていこう。
それに、あんまり人と関わることが好きではないや(笑)

ということに行き着いたんです。

やりたいこと・やりたくないことと真剣に向き合った結果、いまはこうして文章を書いたり、広告や動画を作ったりして収入を得ています。
そして、誰かと関わるような仕事は極力やらず、一人でできる仕事を楽しく続けています。

***

20代でたくさんの中から選べると錯覚し、30代の入り口で実はそうでもないと気づく。

本当にやりたいことかどうかわからないまま、まわりがやってるからとか、若いうちにやっておかないと損しそうだからとか、そんな理由でたくさんのものを抱えてきたかもしれません。

若いときに抱えてきたそれらたくさんの「もの」や「こと」を少しずつ手放して身軽にしていくーー30代は、人生を「ミニマル化」させることにフォーカスしていく作業にぴったりの年代です。

人生をミニマルに。

「やりたくないことを断捨離してミニマルに生きる。」

ミニマルとは、「最小限であるさま」という意味です。
どんな人生の選択をしたとしても、やりたくないことをやめ、好きなことにフォーカスしてミニマルに生きることが悩み多き30代をラクに生きる指針になります。

だからこそ、上記の方法で見つけた「やりたくないこと」を徹底してやらないようにしていくことが大切になってきます。

先にも述べましたが、30代に長く悩んでいるような時間はありません。
20代の頃とは、はるかに責任も重くなっていて、はるかに早く時間が過ぎていきます。
寝る時間すら惜しいほどに、時間が足りません。

ほんとうに、30代は「あっ!」という間に過ぎてしまいます。

気づいたらしがないおじさん・おばさんになっていた! なんてこと、嫌ですよね。

どうせなら、素敵なおじさん・おばさんになりたい。
「自分」というものをしっかりもった人間になって、自分の人生を作り込んでいきたい。

30代から素敵な人生を歩むために、自分らしく生きるということにこれまでよりもっともっと、フォーカスしてみましょう。
30代は、それをするための最適な年齢です。

このサイトで学べる「ミニマル」

さて、人生のミニマル化を進めていく上で、このブログはおもに「お金」と「暮らし」をミニマル化させる方法をまとめています。

なぜ、お金と暮らしなのか。

それは、人生のミニマル化の中でも、お金や暮らしについては具体的な方法が存在するため、お伝えしやすいという面があります。

30代から抱える悩みの大半が「人生設計」に当たることが多いですよね。
人生設計は結婚、出産、住宅事情、親、転職などなど、お金や暮らし方がセットになってきます。

やりたいことややりたくないことのなかに、「節約はしたくない(やりたくないこと)けどお金は貯めたい(やりたいこと)。」というワードが出てきた方もいるかもしれません。
あるいは、片付けたくないけどすっきり暮らしたい、などどうでしょうか。

ここを読まれているのも何かのご縁です。
もし、あなたがお金と暮らしにつながる「やりたくないこと・やりたいこと」を見つけたのなら、このサイトを通してあなたのミニマル化のお手伝いができれば幸いです。

30代からのミニマルライフ管理人 yumi